カジノとオンラインカジノの情報満載!!カジノポータルサイト"カジポタ"

長者町のカジノ店摘発!県警、3人の容疑者を逮捕

2016/03/04 カジノ法案

神奈川県警生活保安課と伊勢佐木署は3月2日夜、横浜市中区長者町のカジノ店を摘発し、賭博場開張図利の疑いで、同責任者の男(22)と従業員の男(21)と別の従業員の男(55)の3容疑者を現行犯逮捕した。

逮捕容疑は、3人は共謀して2日午後5時45分ごろ、同町6丁目の雑居ビル地下1階にあるカジノ店「VIP」で、同市南区の女性(49)ら客7人にバカラ賭博をさせ、コミッション料として金銭を徴収した、としている。

同日夜の摘発は、機動隊らが約15分かけて鉄扉2枚を破壊し店内に突入。バカラ台3台を現金約700万円、店内外の監視カメラ8台などを押収した。同店は2月中旬から同所で営業していたとみられる。

同課は今後、客を賭博容疑で書類送検するとともに、経営者の特定を進める。

参考URL:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160304-00007633-kana-l14

横浜市長者町のカジノ点摘発

現在IR推進法によって日本国内でのカジノ解禁に向けた動きが進められていますが、2016年現在はまだ合法化されていません。

しかし今回摘発されたカジノ店「VIP」のようないわゆる「裏カジノ」「闇カジノ」と言われるアンダーグラウンドカジノが存在しています。

またインターネットカフェなどの日本国内の店舗で不正にカジノを行う非合法ネットカジノも、お店とプレイヤー間で換金・賭博行為のやりとりが行われるためこれもアウトです。

カジノをやりたいけど海外にはなかなか足を運べない…、だからといって裏カジノなどの地下カジノを利用しようと安易に考えるのは危険です。

そういった裏カジノには近づかないようにしましょう!

オンラインカジノは信頼性の高いエンターテイメント

オンラインカジノ

一方オンラインカジノは日本国内でのプレイに関する法整備がされておらず、一個人が海外オンラインカジノをプレイすることに関しては法規制がありません。(上記のように非合法のネットカジノでオンラインカジノをプレイするのは違法です)

現在進められている特定複合観光施設区域整備法案、いわゆるIR推進法・カジノ法案によって日本国内でのカジノ合法となればカジノに関する法整備が進められることになります。

それに伴いオンラインカジノに関する法整備も合わせて行われる可能性は十分考えられますね。グレーゾーンにあるオンラインカジノが完全に合法となるかもしれません。

オンラインカジノはヨーロッパなどのカジノ先進国では以前より楽しまれているオンラインゲームです。国自体がオンラインカジノを運営している国もありますし、国からライセンスを発行されて運営しているオンラインカジノもあり、信頼性の高いエンターテイメントとなっています。

オンラインカジノは闇カジノとは違い”健全な運営がされているサービス“と言うことができるでしょう。

PAGE TOP