カジノとオンラインカジノの情報満載!!カジノポータルサイト"カジポタ"

電通、IR(カジノを含む統合型リゾート)に関する調査を実施

2015/12/09 カジノ法案

電通、IR(カジノを含む統合型リゾート)に関する調査を実施

株式会社電通が2015年9月に東京と、神奈川県、埼玉県、千葉県に在住の20~59歳の男女1,000名を対象に、日本での導入が検討され議論が進んでいるIR(カジノを含む統合型リゾート、Integrated Resortの略称)の認知やイメージ、賛否を問うアンケートを実施。その結果が発表されていました。

参考URL:http://www.dentsu.co.jp/news/release/2015/1209-008593.html [電通]

  • ●IR導入に反対する層は44.6%。賛成する層29.3%を上回る
  • ●IRを理解している層はわずか19.1%にとどまる
  • ●IRへの認知・理解に伴ってイメージ・態度に変容が生じる
  • ●IRへの理解が進むと、女性層の訪問意向が向上する傾向が見られる

IR導入反対が賛成を上回る

IR導入反対が賛成を上回る

電通が行なったアンケートの結果によれば、現状の賛否としては反対が44.6%、賛成が29.3%でIR導入に反対の割合が賛成する層を上回りました。

またIRへの認知度に関する問いでは、IRについて正しく理解している(「施設に行ったことがある」「言葉の意味や具体的な施設を知っている」)と回答している人は全体の19.1%。「IRという言葉を聞いたことがある程度」と答えた人と合わせIR認知度は計68.8%でした。

IRについて正しく理解している人(19.1%)の過半数が日本でのIR導入に賛成を示す一方で、IRを全く知らないという人(31.2%)のおよそ50%がIR導入に反対、賛成はおよそ20%にとどまっていることも分かりました。

IRに対する認知・理解が必要

電通ではIR施設について写真と文章で正しい情報と導入のメリットを伝えた上で、改めてIRに対するイメージを聞いており、IR導入に「どちらかというと反対」(20.7%)と「どちらともいえない」(26.1%)と答えていた人の20~40%の人がイメージが良くなったと回答しています。

このようなイメージの変化が起こった要因としては以下の様なIRの特徴が伝わったことなどが挙げられます。

  • ●複合型の観光・集客・商業施設でファミリー層を対象とした施設も含む
  • ●国際的なレジャーを日本国内で体験できる
  • ●24時間安心・安全に滞在できる施設
  • ●観光を通じて大量の雇用が生み出される
  • ●税金ではなく民間資本によって運営される
  • ●反社会勢力が参入できないシステムがある
  • ●ギャンブル依存の対策や青少年入場禁止などの措置が検討されている

また、IRに関する情報を提示することで一部の人にIRに対する態度変容がおこっています。

「どちらかといえば賛成」から17.4%の人が「賛成」、13.0%の人が「どちらともいえない」へ変更。「どちらともいえない」からは15.7%が「どちらかといえば賛成」へ変更。

「どちらかといえば反対」からは26.6%の人が「どちらともいえない」、14.0%の人が「反対」へと回答を変更しています。

IRに関する情報の提示前と後では態度変容の割合が女性が男性を上回り、特に20代女性が「IRに行きたい」を回答する割合が高くなっています。

IRへのイメージにギャップ

以上のような電通が行なったIRに関するアンケートの結果を見ても、そもそもIRへの認知度が低いという点が問題のひとつですね。

「IR=カジノのための施設」というイメージを持っている人は、「カジノ=ギャンブル」という考えも合わせて持っているでしょうからIRへの良いイメージは浮かばないはずです。

IRへの情報提示前と後で賛否変更などの態度変容が起こっていることからも、”IRに対する認知・理解の促進”が日本でのIR導入には必要不可欠です。

PAGE TOP