カジノとオンラインカジノの情報満載!!カジノポータルサイト"カジポタ"

カジノ法案まとめ

2015/11/16 カジノ法案

カジノ法案まとめ

2020年に東京オリンピックが行われていることが決定してから、観光収入を得ることを目的として日本では認められていなかった【カジノ合法化】について急速に話が進んできています。

もともと【カジノ合法化】については、随分前から議論されていたことで最初は地方自治体が国に頼らない資金づくりをするという目的のために始まったものです。

1999年、当時の東京都知事だった石原慎太郎氏が、国の法整備を気にせずに地方条例の中でやってしまおうと、実現に向けて取り組んでいましたが…

憲法に違反する条例は作れるはずがありませんので、もちろん却下。ここで一旦カジノ合法化に向けての世間の関心は下火になっていきます。

動き出した国

国際観光産業振興連盟

この世間での盛り上がりが原因かどうかはわかりませんが、当時与党だった自民党の議員を中心にカジノについて考える、議員連盟が結成されました。これは2001年の出来事です。

その後、議論を繰り返されてついに2006年にカジノ合法化に関する基本方針を書面にて発表。カジノ合法化に向けて初めて、国政レベルで動き出したのがこの時になります。

低迷期

しかし、このままトントン拍子に進まないのが、国政というもの。2007年にはねじれ国会が発生し、政権交代もありました。

当然、カジノ法案も議論されることはなく、その後、自民党が衆・参議員で過半数を取り戻すまで、何一つ話が進まない状況が6年感ほど続きます。

現在

TOKYOオリンピック

カジノ合法化の法案は、IR推進法案とよばれています。(正式名称は「特定複合観光施設の整備の推進に関する法律案」)このIRとは【integrated resort】の略称…つまり統合型リゾートのことです。

政府は、東京オリンピックまでに観光業での収入を増やそうと考えており、その一端として、現在はカジノ合法化に向けての急速な動きとなっているのです。

まとめ

これらの情報は非常に簡潔にまとめた記事となっており、大体の流れを理解してもらうために記述しています。

もちろんのことですが、これだけではまったく何も理解できないと思いますが、そういったことが知りたいのではなく、単純にカジノについて興味がある方の方が多いと思います。

カジノが合法化されるのは、ほぼ確定的ですから過去のことを知るよりもカジノで遊ぶ為に勝つための勉強をしたほうが賢明ですよ!

カジノはギャンブルといわれますが、ゲームですから勝ちパターンはあります。みなさん、この【カジポタ】でカジノの勝ち方を勉強していきましょう!

PAGE TOP