カジノとオンラインカジノの情報満載!!カジノポータルサイト"カジポタ"

マカオのカジノ

2015/10/30 世界のカジノ名所

マカオ

現在、マカオには30軒ほどのカジノが存在しています。ラスベガスのストリップ通りのカジノ数よりは少ないですが、カジノだけの売上で見れば、ラスベガスの5倍以上となっており、2006年以降から世界一の座を保持しています。

マカオにカジノが出来たのは、ポルトガル植民地時代ことです。1999年に中国に返還されたのですが、ここで一つの問題が生じます。中国ではカジノは認められていなかったのです。

そこで、当時イギリスから返還された台湾とこのマカオを【特別行政区】として大幅な自治権を与え、独自の法律を適用することを認めました。これ以降、ほかに目立った特徴のなかったマカオはカジノに絞って成長していくことになります。

必ずココに行くべし!

ザ・ベネチアン・マカオ

マカオもラスベガスと同様に、カジノ施設はある一定の地域に集積しています。ただ、その地域というのは2箇所しかなく、どちらにいってもカジノ施設においては困ることはないでしょう。少ない方の地域でも、12軒のカジノがあります。

ただ、やはりマカオと言ったら必ず名前があがるのが【ザ・ベネチアン・マカオ】です。ここは世界最大のカジノリゾートとなっており、シンガポールにあるマリーナベイサンズを所有するリゾート施設と併設されているため、観光客目線で建設されており非常に交通の便がいいです。マカオには2箇所しかないため、どちらに行っても交通面で困ることはないでしょう。

ラスベガスと比較すると、そのリゾート施設内だけで全てを済ませることができ、カジノのみを目当てにしていない場合でも十分楽しめることができるのでマカオのカジノ施設となっています。

事前準備

カジノをプレイしに行くにあたって、下調べや事前準備というのは必ず必要になってきます。簡単に箇条書きでまとめますので、ぜひとも参考にしてください。

①…マカオ国際空港

マカオ国際空港

ラスベガスと同様に、空港から非常に近いところにカジノ施設が立ち並んでいるため、ここに行ければもうカジノはすぐ目の前にあります。

東京(成田)と大阪(関空)からマカオ国際空港に直通の便が通っているため、交通手段に関してはさほど調べなくてもよさそうです。

②…自分が宿泊するホテル内の下調べ

ホテル

これはとんでもなく重要です。スムーズに観光を楽しみたいなら、ホテル内の地図を印刷しておいても良いかもしれません。

ホテル内にももちろんあるとは思いますが、マカオのカジノは非常に広いためまず間違いなく迷います。事前に調べておいたり地図を印刷しておくと、バッチリだと思います。

ベネチアンマカオを例に取ると、宿泊料金も2万円前後と非常に安いため、初めてのカジノを楽しみたいなら、ラスベガス等の少し遠い場所よりも旅費の少ないマカオ等のほうがいいと思います。

PAGE TOP